現金化がカード会社にバレテしまうケース
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠が残っていればすぐに利用できる便利な制度です。
しかし利用の仕方によっては、カード会社に現金化での利用がバレテしまうことがあります。
カード会社に発覚してしまうと、色々と不利になることが多いので注意したいいところです。
ここでは、現金化がカード会社にバレテしまうケースを紹介します。

クレジットカードの利用規約違反をするとどうなるの?

クレジットカードには、現金枠とショッピング枠があり、それぞれ利用の仕方が決まっています。
現金が手元にないと買物はできませんが、クレジットカードがあればショッピング枠の残りの範囲で様々なものを購入できます。
そしてその時に購入した商品の代金は、カード会社が代わりに支払いをしてくれます。
また、ショッピング枠で実際に利用できる範囲は、加盟店舗など、カード会社によって異なります。
最近は様々なサービスに利用できるようになっていますので、ユーザーの利用用途も広がっているようです。
このようにクレジットカードがあれは様々なものを購入できますが、それはあくまでもカード会社が既定した範囲内においてのことです。
そのため、それ以外の利用目的でカードを使用することは禁止されているのです。
クレジットカード現金化の行為は違法ではありませんので、実際に行う人も少なくありません。
しかし、同じ商品を何回も購入するなど、明らかに不自然な行為が続くと、カード会社にバレテしまうことがあります。
最近はクレジットカード現金化そのものが注目されていることもあり、カード会社でもその行為をチェックできるシステム構築するところが増えてきています。
このように会社側はユーザーの購入方法をチェックしていますので、現金化での利用を繰り返していたらすぐに分かってしまうのです。
現金化行為が一度発覚してしまうと、利用停止などの処分を受けることもありますので注意しておきましょう。

運営が長い現金化業者の場合はカード会社に対しての取り扱いのノウハウがあるので、業者をっとした現金化はカード会社に発覚するこはありません。

カード会社が行う監査は?現金化がバレないようにするには?

複数のクレジットカード
クレジットカード現金化がカード会社にバレテしまうケースとしては、カード会社が行う監査も挙げられます。
クレジットカードを提供しているカード会社では、カードが正しく使用されているか定期的に監査を行っています。
この時は様々なことを調査しますが、その中でも、既にキャッシング枠をすべて使い切ってしまっている状態に注目しています。
カード会社の監査委員たちは、ショッピング枠のすべてを使い切っているユーザーの買物履歴などを入念にチェックします。
そのためその際に同じような商品を何度も購入するなど、不自然な使い方をしている人は疑われる可能性が高いと言えます。
クレジットカード現金化では、現金化業者が指定した商品を何度も購入することがありますので、業者のサービスを利用している人は注意しておく必要があります。
購入例としては、新幹線の回数券、商品券、ギフト券などがありますが、これら金券を大量購入している方はバレやすいです。
その他にも、時計、ブランド品、貴金属類などの商品を、やたらむやみに購入している方も気をつけておく必要があります。
カード会社が行う監査の対象になってしまうと、すぐに現金化での利用を突きとめられてしまいます。
そのため現金化を利用する際は、ある程度ショッピング枠を空けておく方が得策と言えます。

クレジットカード現金化おすすめ
https://ranking.prime-wallet.com/
┗クレジットカード現金化のおすすめランキングサイトです。

クレジットカード現金化利用の仕方には十分注意してください

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠の残高があればすぐに利用できます。
とても便利な制度ですが、利用の仕方いかんではカード会社にバレテしまうことがありますので気をつけましょう。