サイト型のメリット・デメリット

サイト型のメリット・デメリット

インターネット上で取引をすることができるサイト型の店舗は、インターネットにのみ店舗を置いており、実店舗を構えていません。そのため、実店舗のお店よりも換金率が高くなっているのが特徴です。また、換金時には来店の必要がないというのはとてもありがたいですね。また、最近では購入する商品も工夫がされており、カード会社からも怪しまれる可能性が低くなっています。インターネット接続ができる端末があればどこでも利用することが可能ですし、なければネットカフェやインターネット開放施設などで利用することができます。
サイト型のデメリットは、店舗数が多いので、一番お得な場所を探そうとすると結構な労力が必要になるということです。また、中には詐欺を働く店もありますので、口コミなどを参考にして選びたいところです。

店舗型とサイト型、どちらがいいの?

総合的に言うなら、やはりサイト型の方が簡単でいいとおもいます。口コミなども高く、利用しやすい場所も増えてきていますので、これから利用する人はぜひ参考にしてみてください。