現金化は店舗型とサイト型どっちがいいの?

急な時にお金が必要になったけれど、現金を持っていない!そんな時に頼りになるのが、クレジットカードを現金化してくれる業者の存在です。クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をし、それを買い取ることで現金と取引をするのですが、この現金化の業者は、店舗型とサイト型の二つに分かれます。どちらの方を選ぶかは本人次第ですが、今回は店舗型とサイト型のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

店舗型のメリット・デメリット

店舗型での現金化は、町中にある現金化業者の店舗へと赴いて取引を行います。どちらかというと金券ショップや質屋の感覚に近いですね。
メリットとしては、振り込みを待たなくていい事、取引が楽であること、そして詐欺の心配が少ないということです。
まず振り込みを待たなくていいというのは、店頭で取引をしますので、サイト型のように口座に振り込まれるのを待つ時間が無くなるということです。サイト型は、基本的に銀行振り込みとなっていますので、実際に口座へとお金が振り込まれるのを今か今かと待っておかなければいけません。ネットバンキングだと振り込みの連絡がメールできますが、普通の銀行だとATMに行って確かめなければいけません。店頭であればそういった手間が省けるのです。
次に、取引が楽であること。これは、ネット環境がなくても利用できるという部分です。今ではスマホをだれでも持っているような時代ですが、中には操作がわからなかったり、ガラケーだから使いにくいという人もいるでしょう。また、ネットを通して個人情報を入力するのが怖いという気持ちもあります。そんな時は店舗型だと、必要書類に書き込んで、普通に買い物をすればいいだけなのでとても楽ちんです。
最後に、詐欺の心配がないということ。これはサイト型で現在問題になっていることです。サイト型の店舗では、すべてネット上での取引になるのですが、ショッピング枠での決済をしたのにお金が振り込まれないままだったり、連絡がつかなくなったりして、お金を持ち逃げされてしまうという詐欺です。このような業者にあたってしまうと災難です。店舗型だとそういった心配はありません。

デメリットとしては、店舗を探すのが大変なことと、サイト型に比べるとどうしても換金率が低くなってしまうということ、そしてカード停止のリスクが高くなるということです。最後の一つはとても心配になります。日常的な利用を考えている人にはお勧めできません。